同時通訳のスキルアップ

同時通訳と逐次通訳の違い

同時通訳のスキルアップ相手の話を数十秒から数分ごとに区切って順次通訳をしていく方法を逐次通訳と言います。
通訳技術の基礎とも言える通訳方法です。
話の正確性が高まるので需要は多いですがどうしても時間はかかるためセミナーや研修などの現場には適しません。
それに対して、話す人とほぼ同時に訳していくことを同時通訳と言います。
多言語で話し合う国際会議などでは同時通訳を使う場合が多いです。
訳者には高い通訳技術能力が必要となります。
また、会議などの話者が多い場合にはそれだけ大きな負荷がかかるので15分程度で交代して行なうというケースもあります。
ヘッドフォンを通して発言者の声を聞きながら通訳していくのですが、通訳しつつ発言者の声も聞かないといけないので相当な集中力が必要だからです。
発言者がしゃべるのとほぼ同時に通訳を聞けるので会議もスムーズに進行していきます。
ただ通訳者のためのブースなど専用設備も必要となりますし、何人もの通訳者を雇わなければならないのはデメリットです。
すぐに訳された言葉が分かるのは魅力ですが、これらのデメリットもあるので必ずしも同時通訳がよいとするのではなく、コストや会議の時間・内容なども考えて逐次通訳とどちらがよいか検討しましょう。

同時通訳のスキルが得られる勉強法

素人でも同時通訳のノウハウを得ることがコンピュータ時代では可能ですが、更なる満足度や充足度を満たしていくにはそれ相当の勉強法が重要な側面になってきます。
正しい方法を身につけていくことに専念すれば、結果的にはチャンスを得るような方向性が出ていくようになるのです。
また異なる言語を解釈するには脳の活性化につながる取り組みに日頃から取り組んでいくような方針も大事になるため、すでにこうしたスキルを身につけた人たちのエピソードにも耳を傾けるような姿勢が重要です。
同時通訳は習得までにはある一定の時間を要することもわかっているため、自分自身に合う最適な勉強法を確立させるところから初めていく部分が大切なポイントになるのです。
基本的な内容を理解できればそれに上乗せしていくだけの作業が大半になっていくことから、初めの一歩をどういったものにしていくかが重要です。
プロの通訳者が心掛けている手法にも関心を示しながら、異なる言語の特徴に触れて同時通訳のノウハウを得るよう努力していくことが大事なのです。
以上の事柄を冷静に見ていけば、簡単な表現であれば同時通訳をすることができるようになります。
長所を取り入れて、便利なツールとして生かすことも大切です。

同時通訳サイトピックアップ

英語、中国語、フランス語をはじめとした各種言語の通訳者を手配してくれます

同時通訳